セコムの防犯カメラは本当に頼れる?

セコムの防犯カメラは今やどこでも見られるようになりましたが、実際その威力はどれ程のものなのでしょうか? いまから防犯カメラの購入を検討している人に役立つ情報をご紹介します。

 

防犯カメラの威力というものは事前に犯罪を防止するという点で最も威力を発揮します。自分が泥棒であるなら、わざわざカメラがあるところからお金を取ろうとは思わないでしょう。何かのことで自分の画像が記録されたくは無いからです。

 

また最近の泥棒はセコムのカメラの威力がどれ程鮮明に映るのかも良く理解しています。暗い場所でも良く映り、会社や自宅の周りに誰が通ったのかが一目瞭然です。

 

では実際にストーカーに狙われていると思う場合の証拠としてこの防犯カメラの映像を使用することはできるのでしょうか?

 

「証拠威力」という点は利用者がどう用いるかにかかっているでしょう。例えば容疑者に対する警告として用いたい場合その威力は絶大です。

 

撮った映像の一部をプリントし、マンションの掲示板に「不審者の存在に気をつけましょう」と掲示するならば通常犯人は事が大きくなるのを恐れ、さらなる計画を思いとどまります。

 

しかし実際に事件が起きてしまった時にこれらの画像は効果を発揮するのでしょうか?

 

全くとはいえませんが、裁判上の証拠としては難しいというのが実情です。

 

なぜなら、カメラで写す情報はその人の行動目的を特定するものではないからです。

 

例えば不審者がマンションの玄関をうろついていたとします。しかしその不審者が「自分は道に迷っていた」と言えばそれを否定するさらなる証拠はありません。なぜならマンションの廊下という場所は基本誰でも通ってよい場所だからです。

 

防犯カメラというのは裁判証拠としての価値は乏しいですが、嫌がらせの縮小や犯罪防止には威力を発揮すると言えるでしょう。